さて、まず一番最初にお伝えしたいのはお店を辞める理由の伝え方やタイミングについてです。

キャバクラのお店を辞めるときには

キャバクラのお店を辞めるときには、上手な辞め方をしっかりと意識して実行する必要があります。

お店の売り上げが大きく下がる可能性があるわけですから、それは仕方がないことかもしれません。

辞める際に思いだしてほしいのが、契約の際に確認したはずの規約事項についてです。

あなたが働いているお店では何日前に辞める際の届け出をしなければならないと書いてありますか。

また、それに違反した場合の罰金についても確認しておく必要があります。

キャバクラでは多くの女の子が給料日後に飛ぶような形で辞めるわけですが、やっぱりこの業界で働いていくのであれば、スマートに話を付けた方がいいと思います。


キャバクラの辞める理由に関して

まず、辞める理由に関しては、系列店に移籍する場合はお店の雰囲気があわない、お給料の面でといった口実が無難でしょう。

しかし、もうキャバクラで働かないのであれば「止むを得ない事情」で辞めるということを伝えるのがオススメです。

借金の返済が終わった、引っ越す、彼や親にバレたという理由もいいでしょう。

伝えるタイミングは一ヶ月前程度が望ましいですが、あくまでも規約に則ってくださいね。